群馬県で盛んな小冊子zine(ジン)って何?

「zine(ジン)」を知っていますか?

“zine”とは『雑誌』などを意味する”magazine”の後ろにある”zine”と同じであり、専門的ではない個人的な小冊子という意味があるそうです(”zine”は”fanzine(同人誌)”からきた言葉と言われています)。

最近、ポエムや写真やイラストなど、好きなことを一冊にまとめて個人的に作ったこのzineに注目が集まっているそうです。

広告

紙で発信していることに意味がある!

zineの特長
 ● 誰でも作ることができる
 ● 紙媒体で発信している
 ● 必ず価格を設けている

出版社が作っているのではないため、zineは何よりも『自由』を大切にしています。テーマはもちろん、作り手もデザイナーやイラストレーターといった所謂プロに限らず、会社員や主婦や学、例え小学生でも誰でも自由に作ることができます

例え素人が作った初めてのzineでも必ず価格を設定して販売されています。この点がフリーペーパーと一線を画すところで、選んだ一冊にお金を払って買うことで、そのzineは読み手にとって価値のある一冊になるのです。

紙で発信するのは読み手に選んで買ってもらい価値ある一冊となるためです。またzineを手に取ることで売り手と買い手、客だけでなく同じ価値を共有する仲間としてコミュニケーションを取ることができるのです。

個人で作っていることから発行部数にも限りがあり、二度と出会うことができないzineもたくさんあります。一期一会の希少性もzine探しの楽しいところとも言えます。

zineは誰でも簡単に作ることができる!

zineの発祥は80~90年代のアメリカ西海岸で、プロのスケーターでデザイナーでもあるマーク=ゴンザレスが自分たちの好きなものを集めて本(小冊子)を作ったことだと言われています。コピー機の普及により人気が出たそうです。zineは両面印刷ができるコピー機があれば簡単に作れます

zineを作るために準備するもの(A5サイズ、12ページ)
 ● 原稿や素材(A4コピー用紙6枚分)
 ● 印刷用A4コピー用紙 … 2枚
 ● 表紙用A4用紙(厚紙や色紙など) … 1枚
 ● 中綴じホチキス(180°開くホチキスでも代用可)
                             など

テーマは自由、全体の構成を決めて作ります。手書きでもパソコンでも、素材はなんでもかまいません。原稿用コピー用紙には綴じたときにきちんとした並びになるようにページを配置しながら作ります。この作業が意外に難しいです。

ページの順番を間違えないように両面コピーをします(カラーでもモノクロでもOKです)。順番に重ねて上から1/4の位置、下から1/4の箇所にホチキスを打ってとめます。そして半分に折ればA5サイズのzineのできあがりです。

たくさん作りたい、綺麗に仕上げたいという人は業者に依頼することをおすすめします。1冊から安く作ってくれる業者もたくさんあります。

zine文化が盛んな群馬

「群馬県民は流行に敏感」だと言われており、以前は新商品を試すときのモニタリングは群馬県で行われると言われた時期もありました。

群馬県にある高崎市では3年前から半年に1回「ZINPHONY」というイベントが実施されているそうです。主催者はデザイナーの男性でアメリカ旅行中にzineに出逢い、その面白さに惹かれて帰国後イベントを始めたそうです。感銘を受けた人の行動力はすごいといつも感じます。

zineのクリエーターの中では群馬県はzineの文化が盛んなスポットとして注目されている様で、今ではイベントには県内外から参加者が集まるそうです。

東京都内には徐々に増えてきたzine取扱い店ですが、2016年秋にはZINPHONY主催者がzineの取扱店を高崎に出店するそうです(REBEL BOOKS@群馬県高崎市椿町)。詳細はZINPHONYのHP(http://zinphony.com/)に載っているようです。高崎市椿町にコーヒーやビールと共に本(新刊本と数点のzine)を楽しめるREBEL BOOKがオープンした様です(REBEL BOOKホームページ

【出典】
● ZINEPHONY
  http://zinphony.com/
● 好きなコト・モノを一冊に。あなたも“ZINE(ジン)”を作ってみない?
  https://kinarino.jp/cat7
● MOUNT ZINE
  https://zine.mount.co.jp/
● Deli-J いつものぐんまにちょっとプラス+  vol.182
  ※群馬県内最大38万部のフリーペーパー

【履歴】
2017.2.13
REBEL BOOKに関する情報を追加・編集しました

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。