学習机は必要?学習机で子ども部屋に必要な広さが変わる

我が家の子ども部屋は大きな部屋を将来2つに分けて使用する造りにしてあります。ドアは2つ、窓は2つ、将来壁を作る部分を境に線対称で出来ています。広さは現在は9畳、将来は4.5畳×2になります。

ホームセンターでは2400cmのSPF材を柱にできる部材が売っているので、簡単に壁は作れると思っています。将来は間仕切り壁を作る想定して照明のスイッチ、窓の位置には注意しました。

子ども部屋の作り方は大きく2つに分かれています。

  • ちゃんと部屋として独立した子供部屋をつくる
  • 広い子供部屋をつくって将来は間仕切る

子ども部屋の広さは4.5~6.0畳が一般的です。子ども部屋は広さに限らず上手に工夫して使用する子どもが多いです。

建売住宅の場合、100㎡くらい(30坪前後)の建物の場合は4.5畳の子ども部屋を2つ、115㎡くらい(35坪前後)の建物の場合は6.0畳の子ども部屋を2つ作るケースが多いです。

ロフトを設置する家は減少

以前はロフトを設置する建物が多かったですが、今は「天井が低い」「梯子で昇り降りするのは不便」など使い勝手が悪いという意見が多く作ることはあまりありません(収納場所として階段を使って使用するケースは別)。

子どもっぽいデザインは将来困る

子どもは小学校高学年くらいになると大人へのあこがれが強まり、あまり子供っぽい部屋を嫌がる傾向があります。

子どもらしいものを好まれるのは約10年、それ以後は大人っぽい方が好まれるので壁紙などは大人目線で考えた方が良いです。

学習机が置けない?

学習机の大きさは様々ですが、将来も使うことを考えて120×60cmなど子どもには大き目のサイズを選ぶ傾向があります。ベッドはシングルサイズで200×100cmくらいになります。

学習机が0.72㎡、シングルベッドが2.0㎡、クローゼットやタンスなど収納スペースを考慮すると4.5畳(約14.9㎡)では手狭と感じます。

 

くてあまり活用されないことが多いです。

今月半ばから旦那の実家が大規模なリフォームをすることになりました。全ての部屋のリフォームが行われるので工事期間3ヶ月という長さも問題ですが、家にある全ての物を片付けることが何よりも問題です。

「何であんなに物が多いんだ
「これを機に全部捨ててやる

要らないものを捨てれば大分スッキリする、と旦那はブツブツ文句言いながら片付けを手伝っています。リフォームはとにかく片付けが大変のようです。

「3歳児と新生児を連れて行っても邪魔でしかない」と私は家でのんびりと留守番しつつ、リサイクル業者を探して問い合わせたり、ごみ焼却所への持ち込み方法を検索しています。

いろいろなリサイクル業者に問い合わせた結果、群馬県・埼玉県内のリサイクルショップならば「創庫生活館」が買い取り条件が甘いと感じました。(創庫生活館公式サイト

「絶対に誰かがケガをする

そう文句を言いながら運び出していたのが旦那兄弟が使っていた学習机です。30年ほど前の流行りの大きいくて重い学習机はリサイクルするにしても処分するにしても運び出しがまず大変です。

「リサイクル業者が引き取るか」については引き取らない可能性が高いです

学習机は子どものためのものなので、学習机の買い取りは条件はやや厳しいのが一般的です。20年以上古い(20年以上前)、汚れ(シールや落書き含む)やキズがある、欠品がある(カギがないなど)学習机は買い取ってもらえない可能性が高いです。

学習机はスチール製でなければ粗大ごみで処分できます。自治体によってはごみ焼却所に持ち込んで処分することができます(直接搬入)。直接搬入ができれば比較的安く処分することができます。

家の間取りを考えるとき子ども部屋には悩みました。建築会社の担当者によると一般的に子ども部屋の大きさは6畳と言われましたが、我が家は4.5畳にしました。

4.5畳とした決め手は「学習机は要らない」という私たち夫婦の考えです。

6畳というのは「ベッドと机を入れるなら」なので「ベッドのみ」ならば4.5畳で十分です。「学習机は要らない」という考えの根底には処分に困りお互いの実家に残ったままの学習机があります。処分したくても重くて運び出せないという代物、今回旦那の学習机は処分されますがリフォームがなければそのままだった可能性が高いです。

因みに家を作るときには娘が1人だったので子ども部屋の数にも困りました。

結局、扉、窓、収納棚を2つずつ対称になるように配した9畳の部屋を作りました。将来は棚や簡易壁を設置して部屋を分ける予定です(違いは扉の色、窓に付けたロールスクリーンの色のみ)。

子どもたちが家を出て個室が不要になったらまた1つの部屋に戻してもいいと考えられるように工夫した、ちょっと自慢の子ども部屋です。

 

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。