ガス衣類乾燥機は1分間約1円で乾かせる

ガスの栓があれば設置できると思っていたガス乾燥機ですが、エアコンのように壁に穴を開けて排湿パイプを通す必要があることを知りました。
洗濯機
ガス乾燥機を設置するためにガス会社の人に壁などをチェックしてもらい、話し合いをして穴の位置を決めます
  ↑
脱衣場の場合は換気扇の位置との兼ね合いがポイント

ガス衣類乾燥機本体と専用の台に設置工事費を併せて約15万円でした。

今回はガス乾燥機のランニングコストを中心に、いかにガス乾燥機がお得かまとめてみました。

広告


ガス衣類乾燥機

早く乾いてランニングコストが安い!

ガス衣類乾燥機はガスを使用して衣類を乾燥させます。コインランドリーはほとんどガス乾燥機です。

標準の洗濯機1杯分を乾かすのにガス乾燥機は40~60分、電気乾燥機の場合は150~180分かかります。

ガス乾燥機(5キロタイプ)のガス消費量は4.0kWなので、都市ガスならば約40円、プロパンガスでも約52円です。

一方で電気乾燥機(5キロタイプ)の電気料金は約84円です。電気衣類乾燥機は大きなドライヤーのようなもので出力が弱く、天日干しして乾かなかった分を乾かすといった併用が多いです。

乾燥器としてはガスは優秀なのですが、ガスは事故になりやすいというネガティブなイメージ、新たにガスの配管工事が必要だったり壁に穴を開ける必要性からガス衣類乾燥機は電気型に比べて普及していません。

 
最近では乾燥機能が内蔵されているタイプの洗濯機(縦型およびドラム式ヒーター、ドラム式ヒートポンプ)もあります。洗濯から乾燥まで全自動というメリットがありますが、構造・機構が複雑なため故障の可能性が高いというデメリットがあります。

ランニングコストについてはドラム型ヒートポンプが約25円(5キロ)と最も優れていますが、乾燥時間はガス衣類乾燥機に比べて倍、他の電気タイプは3倍以上となっています。

また浴室乾燥機の場合は乾燥効果が高くないため乾燥に2~3時間かかってしまい、電気代やガス代も120~130円かかってしまいます。

ガス衣類乾燥機の設置方法

ガス衣類乾燥機本体は室内・屋外どちらでも設置することができます。マンションに住んでいる人でガス衣類乾燥機を導入したいと考えている人の多くはベランダ設置(屋外)を選んでいるようです。

取り付け工事費
室内(壁貫通)28,000円~
屋外(ベランダ)25,000円~

室内に設置する場合は本体と壁などの間に適度な空間が必要です(防火上必要な隔離距離はm45mm)。防火性能評定を取得していない場合は天井との距離は150mm必要です(Rinnaiの乾太くんは防火性能評定取得済)。

ガス乾燥機が設置できない場所
・風呂場内など湿気の多いところ
・24時間換気システムの吸込口の近く
・屋根やひさしがなく雨がかかる場所
・給気できない場所
・排湿筒が設置できない室内

排湿パイプは建物の構造が傷つかないように最新の治具を使用し、細心の注意を払って作業してくれました(断熱材の撤去なし)。室内外の見た目に問題ありませんでした。
排湿パイプ(室内)
排湿パイプの出口
スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください