階段は住宅の生活動線の中心になりつつある   

屋上に続く階段の裏
「階段ができてる

建築工事も予定ではあと1ヶ月で終わる、そんな終盤に差し掛かった現場には2つ目の階段ができていました(完成ではありませんが人が登れる形になっていました)。

我が家には屋上があるので、1階から2階に行く1つ目の階段(約1週間前には形になっていました)、2階から屋上に行く2つ目の階段があります。

「家の中で家族がどのように動くか」

家族の動線を考えたとき階段は大きなポイントになります。屋上のある家の場合は階段部が外観にも影響を与えます。

我が家は階段を建物の中央付近に置きました(タワーのように)。そのためどの部屋からも階段にアクセスしやすく、凸のような外観の建物になりました。

今回は階段についてまとめてみました。

広告

階段の広さは2畳分

階段は”通路”ですが、風の通り道や自然光を採り込む場所にもなります。間取りを考えるとき、階段は位置だけでなく形状や空間の使い方も大切になります。

階段は2畳分の広さで考えるのが一般的です(2畳以下の広さにすると急な階段になって安全上よろしくありません)。

階段スペースの形は2種類、2つの1畳をヨコに並べた正方形とタテにつなげた長方形があります。
階段
我が家は正方形で階段スペースをで考えたので、ぐるっと回って上り下りすることになります。長方形にする人の多くはリビングなど部屋の片隅に階段を設置することが多いです。

階段は他の部屋の間取りと違って唯一高さも考える場所で、「階段下」という空間をどう使うかを考えなくてはいけません。

正方形の階段スペースの場合は柱などの都合で収納にすることが多いですが、長方形の階段スペースの場合は階下の床の一部にすることもあります。

1階中心の生活が変化

今までの住宅は1階に生活の中心(リビング、キッチン、洗面所、風呂場)が集まり、2階は家族それぞれの部屋(寝室)というように階段をあまり使わない間取り(部屋の配置)となっていました。

しかし現代の住宅は敷地が狭く隣家と接して陽当たりが悪いなど、1階と2階に様々な用途の部屋が分散するようになりました。結果、以前に比べて階段をよく使う間取り(部屋の配置)へと変わったのです。

我が家も南側に隣家があるのでキッチンとリビング・ダイニングを2階に配置しました。そのため階段を使う頻度は必然的に多くなります
  ↑
高齢になったときに負担になる可能性あり
  ↑
正方形の階段スペースならば将来エレベータを設置することも可能
参考:『小規模建築物用小型エレベータ XLミディモダンV』(パナソニック公式サイト)

家族の安全を守る手すり

普段の生活の中の「転倒・転落事故」というと真っ先に階段を思い浮かべますが、実際には階段の事故は約1割で約7割は平たんな場所でした。

転倒・転落による死亡事故(2013年)
全体 … 約7,700件
階段での転倒・転落 … 約680件

「あやまちは、やすき所になりて、必ず仕る事に候”(=失敗は簡単な場所でこそ起きる)」という徒然草の一節(「高名の木登り」)を思い出しました。

このような結果になった理由の1つとして「階段の手すりの設置義務」が考えられます。いまの建築基準法(第23条および第25条)では階段に手すりを設置することを義務付けています。

「格好悪い」
「邪魔」
「使わないから必要ない」

手すりの設置義務については賛否両論あるようですが安全のための保険です。後からつけることも可能なようなので幼い子どもや高齢者のいる未設置の家は導入を検討しましょう。

私の実家では父がDIYで取り付けたようです(義理の両親宅はホームセンター経由で業者に依頼して設置)。

またこの手すりは自分で外すことができます。実際に我が家でも大型家電(冷蔵庫)を2階のキッチンに運ぶときに外しました。詳しくは「 」を読んでください。

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください