9月9日は重陽の節句、菊を楽しみながら長寿を願う

9月9日は<重陽の節句>です。今回は重陽の節句と、その楽しみ方についてまとめてみました。「9月9日 重陽の節句(菊の節句)の楽しみ方」(AllAbout暮らし)を参考にしています。

重陽の節句は「菊の節句」

日本では古来より奇数は縁起のよい数字(陽数)と考えられ、1月1日以外の奇数が連なる日をお祝いしています(1月は1月7日を祝っている)。

1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日、これらを五節句といい、この季節の植物の名前で呼ばれることもあります。この日はお祝いだけでなく厄払いもしています。

  • 1月1日 「人日の節句」または「七草の節句」
  • 3月3日 「上巳の節句」または「桃の節句」
  • 5月5日 「端午の節句」または「菖蒲の節句」
  • 7月7日 「七夕の節句」または「笹の節句」
  • 9月9日 「重陽の節句」または「菊の節句」

重陽の節句(菊の節句)では、古くから薬草として重宝され寿命を延ばす力があるとされる菊を愛でたり食べたりして”不老長寿”を願います。菊は日本の国家でもあります。

まだ菊の時期には早くない?

それは今が新暦だからです。旧暦の9月9日の場合はおおよそ10月中旬になります。

埼玉県内でも10月~11月には菊を鑑賞する会が北本総合公園(北本市)川越大師喜多院(川越市)など色々なところで開催されます。入場無料の会場が多いのでフラッと立ち寄るのに良いところです。

菊酒と秋の味覚を楽しむ

食用菊は主に山形県で栽培されています。淡い紫色の「もってのほか(もって菊)」は独特の香り・風味を楽しむことができますが、収穫時期が10月下旬なため重陽の節句ではあまり食卓に並びません。

食用菊については知られていますが、多くの家庭では菊は飾りなイメージです。いきなり作るのも馴染みがなくて大変なので、簡単に食卓で菊を楽しむならば<菊酒>がオススメです。

菊酒とは?

日本酒に菊の花びらを2、3枚浮かべた菊酒はとても風情があるのでぜひ試してみてください。食用菊つながりで山形県にある寿虎屋酒造の霞城寿は秋の風情にとても似合います。

[amazon_link asins=’B07DRLTJWX’ template=’ProductLink’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a666ea72-a6a4-11e8-9df7-952467225e31′]

菊酒のお伴には?

菊酒のお伴には栗ご飯や秋茄子がオススメです。

重陽の節句は秋の収穫祭と時期が重なるため、食卓には秋の食材が並びます。重陽の節句は「栗の節句」と言われたり、「おくんち(=重陽の節句の俗称)に茄子を食べると中風にならない」と言われています。

「敬老の日」に菊を贈る

現代では重陽の節句の風習は廃れていますが、9月には「敬老の日」があります。祖父母に感謝をし長寿を願うという意味では重陽の節句と重なる点があります。

菊も季節に合う花なので菊の絵、菊の文様の器などを使い、「いつもありがとう」と菊のアレンジメントを贈って敬老のお祝いをしてはどうでしょうか?

オススメはピンポンマム、丸っとした花形の可愛らしい菊です。

[amazon_link asins=’B00EL95QQE’ template=’ProductLink’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’d1a5838b-a6a5-11e8-8542-079145cd792f’]

ポストの台に飾ってある寄せ植えの鉢が花期を終えたので、折角なので秋の寄せ植えを作ってみました。ピンポンマムが欲しかったのですが、なかったので小菊(アスター)を選びました。

赤いペチュニアが開花して、より一層ハロウィン風になりました。


広告

 

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。