2017年6月1日から郵便料金の一部が変更

郵便局に切手シートを買いに行ったら「2017年6月1日(木)から郵便はがきの料金等を変更させていただきます」と描かれたパンフレットがありました

「最近値上げしたばかりじゃなかったっけ?」

そう思って調べてみると’14年4月に消費増税を理由に50円から52円に引き上げられていました。しかし今回のように消費増税以外が理由での値上げは’94年以来23年振りの出来事だそうです
  ↑
今回の値上げの原因は収支悪化と発表されていますが、原因の根底にはEメールの普及等に伴う郵便物の減少があるため改善される見込みは薄いと予想されています

実際に我が家も郵便物を出すことが激減しました。

金融機関宛てなどで所定の封書を投函することはありますが、大体が料金後納郵便で自分で切手を貼りません(料金後納郵便等に関しては「 」を読んでください)

今回は6月1日からの料金値上げの詳細と私たちにできる節約対策をまとめてみました。

’18年3月1日からゆうパックの宅配料金の値上げ(平均12%)が決定しました。詳細は「」を読んでください。

広告

郵便料金の値上げ詳細

郵便料金が’17年6月1日に改定されます。主な変更点次の3つです。

・ ハガキの郵便料金
・ 定形外郵便物の郵便料金
・ ゆうメールの料金

ハガキの郵便料金

ハガキの郵便料金が52円から62円に値上がりします

52円切手や郵便ハガキが使えなくなるわけではありませんが、10円切手を追加して使用する必要があります(10円切手は郵便局やコンビニで購入できます)。

但し、年賀はがきの郵便料金は52円で据えおきです。

次の2つの条件のどちらかを満たし、12月15日~翌年1月7日までの間に投函されたハガキが52円で送れる年賀はがきとなります

(1)日本郵便が発行された年賀はがき
(2)表面に”年賀”と赤字で書かれている
年賀はがきの注意

定形外郵便物の郵便料金

今回の改定で定形外郵便に”規格”が設定されました。定形外郵便物が重さ以外でも”規格内”と”規格外”で区別されるようになったのです。

規格内の定型外郵便の料金は今まで通り、一部は値下げされています。一方で規格外の定形外郵便の料金は80~150円の値上げとなっています。

【定形外郵便物の新規格】
● 重さが1kg以内
● 長辺が34cm以内、短辺が25cm以内
  ※角型2号の封筒と同等のサイズ
● 封書の厚みが3cm以内

角型2号の封筒とはA4サイズの紙を折らずに入るサイズです。


郵便事業の赤字が原因

今回の値上げの要因は郵便事業の収支悪化です。

郵便物が減る = 収入が減少
人件費の上昇 = 支出が増加

人件費の上昇は日本全体が抱える問題でもある人手不足が原因です。

機械化による生産性向上や各種コスト削減に取り組んだものの、大型郵便物の増加や持ち戻り・再配達への対応などでコストの増加に間に合わず、今回郵便料金の一部が改訂することになりました。

郵便物は全体的に減少方向にありますがハガキはその中でも減少傾向が著しいです(2015年度のハガキ部門の営業損失は294億円)。

郵便事業の収支悪化による値上げは’94年以来です。’94年には郵便ハガキの料金は41円から50円と大幅値上げをしています。

’89年に消費税3%が導入されたときは転嫁分として1~2円が値上げされ、’14年に消費税が8%に増税されたときは転嫁分として1~2円値上げしています(’97年に消費税は5%に増税していますが、’94年の大幅値上げに見込まれていたので値上げはなし)。
  ↓
今回の値上げで消費税10%への増税分も見込まれているのかというと…今回は見込まれていないようで10%に増税したときは更なる値上げが想定されています

規格内で通信コスト削減

今回の改定で注目したいのは定形外郵便物の区分を細かくしたことです。

今回の改定で定形外郵便物の規格内となる郵便物は各家庭のポストに投函できるサイズとなっています(ポストの形状によっては入らないこともある)。
  ↑
規格外を大幅に値上げする一方で、規格内は現状維持(一部値下げ)

私たちが努めて規格内を利用すれば通信コストの削減(節約)ができ、一方で郵便局側も持ち戻り・再配達の手間を減らし人件費の削減できます。

今まで各家庭のポストに入らない郵便物に対し、配達人は次のような対応をしてきました(地域差・個人差あり)。

在宅の場合は手渡し
  ↓
不在の場合は折りたたんで投函
  ↓
折りたたみ不可の場合は持ち戻り
(郵便物お預かり通知を投函)

郵便物の折りたたみはトラブルになる可能性もあるため、配達人の多くは(不在の場合)持ち戻りするようです。ゆうパックや書留と違って郵便物は損害賠償の対象となりませんが、折りたたみ等による破損のクレームは多いそうです

我が家はポストを設置するとき、A4サイズが入るサイズのものを選びました。ポストに投函されるメール便で届く本やCDをAmazonで買うことが多いからです。

ポストを設置するときはどんな郵便物が多いかを想定すると良さそうですね。(ポストの設置については「」を読んでください)



スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください