ブロック塀の安全確保は所有者の義務!定期的なセルフチェックで安全な塀を維持する

家の前の道路幅は約3mでやや狭く、すれ違えずによその車が庭に入って来ることがあります。「これは仕方がないことだ」と夫婦で納得していましたが、知らない車が勢いよく入ってくると少々ムカッとします(-“- )

  • 玄関前に突然車が入ってきたら危険
  • 子どもが小さいから事故が心配
  • 一応個人の敷地なのでゆっくりと入ってきて欲しい

こういうことで、勢いよく入ってくるのを防ぐために高さ1m、横幅2mほどの塀をブロック×インスタントモルタルで自作することにしました。今回は塀の安全性についてまとめました。

ブロック積みが3段目まで完成しました

今回は塀の安全性についてまとめました。

塀の安全確保は所有者の義務

塀の安全確保は所有者の義務です。「(補強コンクリート造りの)ブロック塀」を作るときは規準や規定に従って安全なブロック塀を作らなくてはいけません。全国建築コンクリートブロック工業会でもブロック塀の安全確保の大切さを訴えています。

日本司法支援センター・法テラスのコラム「地震とブロック塀 補修進めよう 倒壊の責任負う可能性」によると、ブロック塀の設置やその他の修理などが不完全で他人に損害を与えたら損害賠償責任を負います
  ↑
”新耐震基準”(1981年改正)では震度5強程度では<倒壊しない>、震度6強~7でも<人命に危害が及ぶ被害は生じない程度>の強度が必要

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震では、塀の倒壊により女の子の幼い命が奪われました。安全が全く確保されていない壁で、壁の”落下”により下敷きになってしまいました。子どもたちの通学路にある危険な塀は、どんな理由があれ即座に撤去すべきだと思います。

直ぐに倒れない塀を作ることが大切

安全なブロック塀とは「何が起きても瞬時には倒れない塀」です。簡単に倒れなければ人がその場から避難する時間や空間を確保することができます。そのためには次の5つを守る必要があります。

1.既定の材料を使用する
塀の高さによって必要なブロックの厚みが異なる点に注意。高さ2m以下の場合は10cm以上、2mを超える場合は15cm以上の厚みのあるブロックを使用する。

2.基礎は地中深く根入れする
ブロック塀の設計規準では基礎は35cm以上根入れすることになっている

3.鉄筋を入れて「鉄筋コンクリート造り」にする
塀の形を”I形”ではなく、逆T形やL形にするとさらに転倒防止する力が強まる

4.鉄筋は80cm以下の間隔で入れていく
ブロック2個に対し1本の鉄筋を入れる。化粧ブロックの場合は縦方向の間隔60cm以下に配筋する

5.1.2m以上の壁は3.4mごとに控え壁を作る
控え壁は塀と同じブロックで作り、塀の鉄筋と必ず繋ぎます。

素人が作る壁の高さは1.2mが限界

塀の高さは地盤面(GL)より2.2m以内と制限されています。また塀の高さが1.2mを超える場合は、3.4m感覚で塀を支える”控え壁”と作らないといけません。控え壁を素人が作ることはまず難しいので、素人が作れる壁は1.2mが限界です。

材料規定や高さ制限はブロック塀だけでなく、門柱や金属製フェンス付きブロック塀にも同様の規定があります。

ブロック塀を土留め代わりにしたり、石積み擁壁の上に作ることは危険なのでやめましょう。

スポンサードリンク
0
1 2

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。