鳥に種を食べられる、それは仕方がないこと

西洋芝の種を3月上旬に蒔き、1ヶ月ほど経った頃から芽が出始めています。日に日に緑色になっていく庭を見ていると楽しいものですが、種をまいてから庭にスズメがよく来るようになりました。今日はなんと鳩まで御来訪です。

どうやら目当ては種や掘り起こした土から出てきた虫のようです。追い払うために手段を講じることもできるようですが、景観も悪くなるので放っておくことにしました。お陰で舞い降りてくるスズメが肥えてきたように感じる今日この頃です

広告

鳥は人間の動きを覚えて餌をとる

「種をまいた先から鳥に食べられる」といったトラブルは全国各地で起きています。ベランダの植木の場合は被害は少ないですが、畑や庭は人間の目が行き届かず被害は多いです。

鳥は賢い動物で、人間の動きを見て「あ、土を掘り起こした」「あ、種をまいた」と発見してはその位置を覚え、人間が離れると我先にと下りてきます。伝書鳩と言った風に鳥は場所を覚えることが得意のようです。鳥を追い払うかどうかは状況次第ですが、農業関係者は「鳥はしつこいので諦めて共存した方が良い(できるだけ被害を少なくなる工夫)」と判断しているケースも多いようです。

【目次】
● 鳥はどうして頭が良いの?
● 人間と鳥の知恵比べ
● 鳥も悪いだけじゃない

鳥はどうして頭が良いの?

鳥は嗅覚がないのでニオイで餌を探すことができず、視力も人間と同等なので目で餌を見つけて捕らえることもあまり上手ではありません(飛来するという武器はありますが)。そのため鳥は知能を発達させて生き残ってきました。鳥の中でも特に頭が良いと言われるカラスの脳の重さは体重の1~2.5%です。人間の場合は平均して2.3%となるので、カラスの脳の割合は人間とほぼ同等なのです。

鳥は知能を活かして餌場を覚えています。庭で作業をしているそばで鳥がジッと見ていたというという経験はありませんか?鳥は高いところから人間の動きを見て、例えば”種をまいたこと”が分かったら庭に下りて種をほじくり出して食べるのです。

鳥は餌場の位置だけでなく、人間の作業(農作業や庭作業)もある程度理解しているようです。実際に鳥はトラクターで畑の掘り起こしが始まるとすぐに餌を探し始めます。人間が土を掘り起こすと深いところの土から虫や古い種が出てくることを知っているからです。

人間と鳥の知恵比べ

農家は鳥に種を食べられないように次のような工夫をしています。

農家のやっている鳥対策(例)
● くちばしが届かないように種は2cm以上深く埋める
● 近隣の農家で一斉に種まきをすることでどの畑に行くか迷わせる
● チラウム(赤い農薬)を種に塗り「赤い種はまずい」と覚えさせる

物理的な作戦だけでなく、心理戦や鳥に学習させる作戦など”鳥の頭の良さ”を逆手に取った防衛策です。しかし2cm以上深い位置に種をまくこと以外は一般家庭には難しい鳥対策です。

一般家庭の鳥対策 ‐失敗例‐
● 防鳥ネットをはる
● CDなどキラキラしたものを吊るす
● 磁石

防鳥ネットは穴があくことが多く、穴があいてしまうと返って鳥にとっては”外敵から守られる場所”という絶好の場所になってしまいます。CDなどキラキラしたものを吊るしても、鳥が”大丈夫(安全)”だと学習してしまったら意味をなさなくなります。

最後の磁石ですが「鳥類は体内に磁石をもっており強力な磁場に入り込むとないない磁場が狂いを生じるため磁石には近寄らない」という説に基づいています…が、なかなか普通の磁石が発する程度の磁場ではあまり効果がないようです。

一般家庭の鳥対策 ‐意外な成功例‐
● ニセモノのヘビ
● 剣山のようになった鳥よけ

どちらも100均で販売されています。特にニセモノのヘビは庭に置いておく、縁石からチラ見せなど様々な工夫をもっておかれています(定期的に置き場所を変えることもポイント)。しかし知らない友人が見てびっくりして悲鳴をあげたなど、鳥だけでなく人間にも被害を及ぼすのが珠にキズの鳥対策です。

鳥も悪いだけじゃない

春先に種をまくことから芝生の種を鳥に食べられたという被害は多いです。芝生は定期的に追い蒔きなどもするため、種が豊富にあるところと鳥も理解しているのでしょう。せっかく蒔いた種を鳥に食べられるというのは嫌なことでしょうが、鳥は芝生を枯らす害虫がいることを報せたり駆除したりしてくれます。

芝生を食い荒らす代表的な害虫
● コガネムシの幼虫(根を食べる)
● シバツトガの幼虫(葉を食べる)
● スジキリヨトウの幼虫(葉を食べる)

これらの他にナメクジや蟻も芝生を食い荒らさないものの、芝の上にキラキラ光る筋をつける、土を盛り上げてしまうなど景観を荒らす不快害虫となります。害虫(特に幼虫)は発見が難しいですが、鳥は種を食べる途中で発見して食べていってくれることが多いようです。種をまいていないのに鳥が集まっているところがあったら害虫が発生している可能性があります。

鳥は百害もあり一利もありという存在のようです。糞の被害などは追い払う手段を考える方が良いですが、蒔いた芝生の種を食べられるということならば共生することも考えてみましょう。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。