「基礎パッキン」を使って床下を換気する

基礎(土台)ができてから時間が経ち、10月14日(金)から大工さんの工程が始まりました。今は事前にパーツを準備してから現場で工事が始まるので、現場の作業はあっという間です。10月17日(月)には足場を組み、翌18日に上棟が予定されています。
IMAG2199_大工さんの工事開始
基礎(土台)にそって並べられ組み合わされた木材 photo by tuduri

建築会社の営業さんに聴いて知っていましたが、今の建物の多くは排気口がなくベタ基礎の場合は「基礎パッキン」という部材を使って換気をしているそうです。今日は基礎(土台)の換気方法について調べてみました。

目次記事:

広告

基礎立ち上がりと土台の間に挟む猫土台に代わる製品

IMAG2213_従来の排気システム
最近建てた建物では見かけなくなった床下換気口 photo by tuduri

最近の新築住宅で床下換気口を見かけなくなったのは「ベタ基礎」が普及してきたからです。「ベタ基礎」が普及し始めたキッカケは阪神淡路大震災と旧住宅金融公庫が「高耐久住宅」という制度を1987年に創設したからです。

まずは建物の基礎についてまとめます。建物の基礎には「ベタ基礎」の他に「布基礎」があり、今までの記述では布基礎の方が悪い・弱いという印象を与えてしまいますが布基礎の方が良いケースもあります。基礎は建てる地盤によってメリット・デメリットが大きく変わります

「ベタ基礎の方が良い」という誤解が生まれた理由
ベタ基礎は床下となる部分までしっかりと鉄筋が配され、一方布基礎の方は床下になる部分は薄めのコンクリートがあるだけだから(鉄筋量の多いベタ基礎の方が優れているところもあるのは確か)。

つまり地盤調査をして「どちらで建てても良い」となったら「ベタ基礎」を選択するのが今では一般的ということです。全ては地盤調査次第で、結果によっては「布基礎で建てた方が良い」ということもあるのです。また建物の構造によっても基礎は異なり、鉄骨プレハブ系のハウスメーカー(代表例は積水ハウス、大和ハウス、ヘーベルハウスなど)では、例外なく布基礎を採用しているようです。

地盤調査では「建物」と「基礎形状」の計画をもって調査をします。我が家の場合は「木造2階建てをベタ基礎で建築する予定」という計画に対して「調査地は根切り時、充分なランマー転圧を施した上での『ベタ基礎』で対応可能という調査結果になり、ベタ基礎を採用している我が家は基礎パッキンを使用して基礎部分を換気することになりました。基礎パッキンは猫土台に代わる既製品です。

猫土台(ねこ土台)
基礎立ち上がりと土台の間に挟むもので、直接土台を基礎に触れさせずに浮かせる工法。厚さ2~3cmの木材やモルタルで柱下や大引の取り合い箇所に900mm間隔でいれる。最近では樹脂製や金属製の既製品を使うのが一般的。
  ↓
土台を浮かせる必要性
● 土台の腐朽を防止する
● 床下換気を効率良くする

我が家が使用した基礎パッキンは城東テクノ株式会社(Joto)のキソパッキンロング(KP-L102)でした。基礎パッキンの素材はポリオレフィン樹脂と炭酸カルシウムの複合材であり、人造石に近い樹脂のやわらかさと石の硬さを併せ持った素材です(やわらかすぎると頑丈さがなく、硬すぎると荷重により 割れる可能性が高まる)。

IMAG2201_排気システム
基礎と木材の間の黒い樹脂が「キソパッキンロング」 photo by tuduri

キソパッキンロングのPOINTO・特長
● しろあり保証1000・しろあり保証制度必須部材
● 全周敷き込みの「簡単施工」を可能にした長さ
● 特殊構造の換気スリット+防鼠材(先端シボリ)で湿気を効率よく排出
  (城東テクノ株式会社ホームページより抜粋)

しろあり保証制度とは城東テクノ株式会社の制度で、Jotoキソパッキング工法を採用した場合、竣工後10年以内のシロアリ被害発生に対して累計1,000万円の賠償責任保証額の給付があるそうです(登録費、保障費用0円)。白アリにネズミ、家を守るのも大変だと感じます。

目次記事:

【参考】
● ベタ基礎と布基礎、どっちが強いの?の問いの意味。(FAD建築事務所)
  http://fad-office.com/blog/blog/264
● 猫土台(Weblio 建築用語大辞典)
  http://www.weblio.jp/content
● キソパッキンロング(城東テクノ株式会社/Joto)
  https://www.joto.com/product/1-1/96

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。