そろそろ来るよ!自動車税の納税通知

土地・建物などの不動産にかかる税金に悩んでいる間に、自動車税の納税通知書が届く時期になりました。自動車税の納税通知書は4月下旬から順次発送され、4月下旬~5月上旬にかけて自宅などに届くようです。

土地・建物などの不動産にかかる税金には軽減制度がありますが、自動車税にも一度だけ利用できる軽減制度があります(申請不要、自動的に軽減)。

それにしても税金には種類があり、ありとあらゆることに税金がかかっているような気がします。1年中納税期限のような、1年中税金のことを考えているような…

納税は教育・勤労と並んで日本国民の三大義務ですが、納税のために勤労して、勤労のために教育をしているような…結局は”納税”に続く道にしか見えない今日この頃です

広告


【目次】
● 2017年4月1日から変わったエコカー減税
● 2017年3月31日までは旧エコカー減税
● 自動車税を滞納すると遅延金発生

2017年4月1日から変わったエコカー減税

グリーン化税制と環境対応車普及促進税制の2つを併せた制度が一般的に「エコカー減税」と言われています。エコカー減税は自動車取得税、自動車税、自動車重量税に適用されます。2017年4月1日~2019年3月31日の期間中に新車を購入しようとする人は利用できる制度です。

ホンダ フィット(ホンダ、車両重量970kg)の場合、平成32年度燃費基準は23.7km/lです。軽減率はこの平成32年度の燃費基準をどれだけ達成しているかによって異なります。例えばフィットの燃費が32km/lの場合は平成32年度燃費基準+30%以上達成となり、自動車取得税は非課税(100%減税)、自動車税は概ね75%軽減(初回限り)、自動車重量税は免税(初回限り)となります。

自動車取得税(普通自動車の場合)
● 平成29年(2017年)4月1日~平成31年(2019年)3月31日までに新車登録・届出した場合
  ・ 平成32年度燃費基準+30%以上達成 100%軽減(非課税)
  ・ 平成32年度燃費基準+20%以上達成 60%軽減
  ・ 平成32年度燃費基準+10%以上達成 40%軽減
  ・ 平成32年度燃費基準達成         20%軽減
  ・ 平成27年度燃費基準+10%以上達成 20%軽減  

自動車税(普通自動車の場合)
● 平成29年(2017年)4月1日~平成31年(2019年)3月31日までの新車登録車
● 購入した翌年度の1回に限り減税が適用(翌々年度からは全額納税)
  ・ 平成32年度燃費基準+30%以上達成 約75%軽減
  ・ 平成32年度燃費基準+10%以上達成 約50%軽減

自動車重量税(普通車の場合)
● 平成29年(2017年)5月1日~平成31年(2019年)4月30日までの新車登録および初回の継続車検を受ける場合に適用
  (平成29年4月30日までの新規登録の自動車重量税については前制度が適用)
  ・ 平成32年度燃費基準+30%以上達成 免税
  ・ 平成32年度燃費基準+20%以上達成 75%軽減
  ・ 平成32年度燃費基準+10%以上達成 50%軽減
  ・ 平成32年度燃費基準達成         25%軽減
  ・ 平成27年度燃費基準+10%以上達成 25%軽減

2017年3月31日までは旧エコカー減税

2015年4月1日~2017年3月31日の間に新車を買った場合は、平成27年のエコカー減税(旧エコカー減税)が適用されます。

自動車税(普通自動車の場合) ※旧エコカー減税
● 購入した翌年度の1回に限り減税が適用(翌々年度からは全額納税)
● 平成17年基準値低排出ガス75%低減(★★★★)かつ次の条件を満たしている場合
  ・ 平成32年度燃費基準+10%以上達成 約75%軽減
  ・ 平成32年度燃費基準達成         約50%軽減
  ・ 平成27年度燃費基準+20%以上達成 約50%軽減

自動車重量税(普通車の場合) ※旧エコカー減税
● 平成17年基準値低排出ガス75%低減(★★★★)かつ次の条件を満たしている場合
  ・ 平成32年度燃費基準+20%以上達成 免税
  ・ 平成32年度燃費基準+10%以上達成 75%軽減
  ・ 平成32年度燃費基準達成         50%軽減
  ・ 平成27年度燃費基準+5%以上達成 25%軽減

自動車税を滞納すると遅延金発生

自動車税は毎年4月1日時点の車検証の名義人に対して課税され、同年4月下旬から順次納税通知書が所有者宛てに発送されます。通知書に書かれた期限内に納税しない場合は他の地方税と同様に遅延金が加算されます。自動車税の納付期限は一部地域を除き同年5月31日です。

遅延金は自動車税が2,000円以上であるとき、納付期限の翌日から納付日までの日数に応じた税額に次の①もしくは②の税率を乗じた金額になります。

 ① 納付期限の翌日から1ヶ月以内 … 7.3%(年利)
 ② 納付期限の翌日から1ヶ月を経過した日以降 … 14.6%(年利)

例えば排気量が1Lを超えて1.5L以下の自家用車場合、同年12月31日まで滞納すると約1,600円の遅延金が発生します。

また納税しないと車検を受けられません(車検を受けるときには直近の納税通知済書が必要)。また滞納が続くと差し押さえなどの滞納処分を受けることがあります。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。