『Yahoo!防災速報』をインストールしてみた

北朝鮮のミサイル発射が問題視され、予定では昨日の朝に国連の安全保障理事会が緊急の会合(非公開)を開催しました。

緊急会合では今回のミサイル発射を非難した上で、日本・アメリカ・中国・ロシアがどのような表明をするか、一致した対応が示せるかどうか注目されています。(参考:国連安保理 北朝鮮ミサイル発射で30日朝に緊急会合/NHK NEWS WEB
  ↑
各国の代表も、国連事務総長も今回のミサイル発射を非難していますが、今までも非難はしているんですよね

問題はこのミサイル問題の解決(緊張の緩和)に向けて取り組む姿勢や意欲はあるものの具体的な策が実施できていないことのようです。さて、今回はどうなるか

とりあえず私は前回紹介した『Yahoo!防災速報』をスマホにインストールしたので設定内容をまとめました。そして感想と自治体の防災メールとの比較をまとめてみました(まだ3日目ですが)。

前回の記事:

広告

設定(1)防災情報の地域を選ぶ

」でも紹介した『Yahoo!防災速報』(無料)をインストールしてみました。

役所の防災関連の部署に勤めている義父も同じアプリを利用していました。一応北朝鮮のミサイルが飛んで来たおとといの朝は30分早く出勤したようですが、Jアラートの対象エリア外でもあったため「誰も来てなかった」と笑っていました。消防職員時代もそうだったようですが”杞憂で終わるのが良い”という考え方のようです。

『Yahoo!防災速報』ではどの地域の防災情報を受け取るか3つまで設定できます(「地域の設定」)。地域は市区町村まで選択します。私は自宅と実家の2ヶ所を設定しました。

さらにスマホのGPSと連動して設定した地域とは別に現在いる地域の防災情報を受け取ることができます(「現在地連動通知」)。私の場合は基本的に市内にいるため”オフ”にしていますが、旅行のときなどは”オン”にしようかと思っています。”オン”の設定にすると約30分に1回の頻度で位置情報を取得するようです。
  ↑
これら「地域の設定」「現在地連動通知」についてはインストールしたときに確認されますが、後から設定・変更することもできます(画面右上にある「設定」アイコン(歯車のような形)で可能)。

また”日本国民として知っておいた方が良い”という全国共通の災害情報(震度5弱以上の地震、津波予報、火山情報、国民保護情報)の受信オン・オフも選べます。”オン”にしておくと先日の北朝鮮のミサイル情報など対象エリア外でも通知がきます。

設定(2)防災情報の通知方法を選ぶ

防災情報(12種類)の通知を受信するか・しないかを選ぶことができます。それぞれ情報ごとに通知のオンオフを選ぶことができ、さらに時間と音の選択もできます(「通知のオンオフ、時間、音の選択」)。

これら通知方法は地域の設定で設定した地域(最大3地域)、現在地(オンの場合)、全国共通の災害情報(オンの場合)全て共通になります。

防災情報の種類(12種類)
● 避難情報
● 地震情報
● 津波情報
● 豪雨情報
● 土砂災害
● 河川洪水
● 気象警戒
● 熱中症情報
● 火山情報
● 国民保護情報
● 防災情報
● 自治体からの緊急情報

  ↑
私の場合は通知は全て”オン(通知する)”で、熱中症情報以外はどれも最低の警戒レベルで通知されるようにしました(熱中症情報は”危険”のみ通知)。

時間の設定では”通知する時間帯”を選びます。「常に通知」と「〇時~◯時まで通知」の2つから選べます。私の場合は就寝時間でも全て受け取りたい情報なので全て”常に通知”を選びました。

音の設定では通知音量(5段階)、通知音(20種類)、マナーモード時の通知音(鳴らす・鳴らさない)を設定できます。私の場合は面倒なので初期設定のままです(地震情報以外はマナーモードのときに通知音が鳴りません)。

「自宅周辺に山や川がある」「大雨が降ると浸水しやすい」などそれぞれ”寝ていても起こして欲しい情報”があると思います。これらを個別に設定できる機能は嬉しいです。

但し、これら通知方法は地域の設定で設定した地域、現在地、全国共通の災害情報全て共通になります。つまり自宅のある地域外(両親の住んでいる地域等)の情報でも起こされる可能性があるので注意しましょう。

自治体の防災メールと比較

小さい子どもと暮らしているため防災情報は大切にしています。そのため『Yahoo!防災速報』(無料アプリ)をインストールしても、自治体からの防災メールの受信は解除していません。昨日と一昨日に通知された防災情報をアプリと自治体の防災メールを比較しました。

【昨日】
『Yahoo!防災速報』 … 3件
 ● 風呂場を除く痴漢が出没
 ● 子ども相手の露出狂が出没
 ● 熱中症の危険あり
自治体の防災メール … 2件
 ● 露出狂の情報
 ● 振り込め詐欺等への注意喚起

【一昨日】
『Yahoo!防災速報』からの通知 … 4件
 ● 熱中症の危険あり
 ● 窃盗事件発生
 ● 【政府発表】ミサイル通過
 ● 【政府発表】ミサイル発射
自治体の防災メール … 0件

件数だけでなく内容を比較して自治体の防災メールは不要ではないか」と思わせる結果に特に窃盗の情報はバッテリーが一般のお宅から盗まれたという内容だったので、バイクの防犯を再チェックして備えることができました。

但し、今回の比較は短期間であり、私がスマホユーザーだからの結論です。さらに自治体によって防災・防犯の対策は異なるので、この比較はあくまでも一例であることに注意してください。

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください